管理人へ一言

  • ご意見、ご感想等
    メールフォーム

つぶやき

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

古代蓮の里 其の2

古代蓮

P7293579

P7293580

地中深く眠っていた蓮の種が造成工事によって掘り起こされ自然発芽したもの。
1300年前から3000年前のかなり原始的な蓮だそうです。
ロマン!

P7293581

P7293584

展望タワーから見た古代蓮の里

P7293594

 

古代蓮会館内で発見した平ぺったい忍城おもてなし武将隊

P7293592

靭負ちゃん、かわいい~
昨年の春ぐらいの写真かな?
3月で第1期メンバーが卒業して第2期のメンバーが合流する前、イズミールと二人だけでおもてなししていたころ。

 

古代蓮の里の売店ではいろいろなお土産やお弁当を売っていました。
その中に「塩あんびん」発見!
これ、テレビ(ケンミンショー)で見た!
どこかの県の北部でのみ食べられているお砂糖を使わずに塩を大量に入れたあんこの大福!!
あれは埼玉だったんだ。
というわけで、2個入りの塩あんびんを購入。
休憩スペースで食べてみた。

・・・・美味しくない・・・・

甘くない。
当たり前です。砂糖を使っていないのだから。
塩味のあんこ。。。。微妙。。。

・・・・
・・・・
あ!思い出した。
県民の皆様は大量の砂糖を塩あんびんにつけて食べていた!!!

砂糖。。。。
そんなもの家に帰らないとありませんよ!
う~ん、どうしよう。。。
この塩あんびん、普通の大福の1.5倍くらいの大きさ。
美味しくない大きな大福を食べるのは大変。

でも食べましたよ。
もったいないもん。
暑いし、塩分は必要だよ!と自分に言い聞かせて。
そして1個完食。
もう1個はお家に持ち帰って砂糖をたっぷりつけて食べました。
美味しかったです!

 

続きを読む "古代蓮の里 其の2" »

古代蓮の里 その1

2012年7月29日、古代蓮の里に行きました。
蓮は朝咲くので午前中に行った方がいいと前日の丹波守殿にアドバイスをいただきましたので朝早く行く予定でしたが、、、、
起きられませんでした。

そんなわけでJR行田駅に10時前に着く。
行田駅前にある観光案内所でレンタサイクルを借りました。
なんとタダ!で借りられます。(電動アシスト付き自転車は500円)
しかし、この観光案内所、でえらあ小さい!

P7293599
そしてうすっぺらい丹波守殿がいらっしゃいました。
地図の左に休憩所、右に案内所があります。

古代蓮の里までの地図をいただき出発!
道は延々と道なりにまっすぐ進んで1回曲がるだけの簡単な道。
ただし!

「ここから約7kmくらい」と観光案内所のスタッフさんに言われました。
そんなにあるとは、、、、
この暑い中、片道7km、往復14kmは厳しいかも~
と思いましたが、もうレンタサイクル申込書書いちゃったから「やめます」と言いづらく。。。

頑張りました!
ほとんど日陰のない道を延々と自転車で走る。
ほとんど人が歩いていない。
道がわからなくても誰にも聞けないな~。と思いつつ、いっさい坂がない平たんな道は自転車に最適でした。
信号で止まるたびに日傘を開いて水分補給。
ところどころに「古代蓮の里↑」という看板がありました。
が、あるところからそれが無くなった。
もしかして曲がるところを行き過ぎたかも~!!

戻ってみる。

あ、あった!

P7293535

あのタワーは古代蓮の里の展望タワーだ!!!

蓮の花は6月から8月上旬が見ごろということで、その期間は行田駅からの臨時シャトルバスが出ていたり、営業時間が朝7時からだったり、駐車場が普段は無料だけど有料になったりするみたいです。
ちなみに入園料は無料。
展望タワーに上るのは400円
有料駐車場を利用すると入場料が半額になるサービスあり。

里に着いて最初にしたこと。
アイスを買って食べる!!
レンタサイクルは真夏はお薦めできません(苦笑)

古代蓮の里にはたくさんの種類の蓮がありました。
こんなに種類があるんだ~
そして、蓮って大きい!
葉っぱがでかい!そして背丈?が高い!
たぶん160cmくらいはある。
知らなかった。。。

続きを読む "古代蓮の里 その1" »

忍城@行田市

お昼ご飯を食べた後は、忍城おもてなし甲冑隊を見るべく忍城址へ。

P7283451

中央奥に御三階櫓。
明治に解体されたものを昭和六三年に再建した建物。

忍城址に着いたらちょうど甲冑隊の面々が出陣してきたところでした。
行田市郷土博物館前にて全員でおもてなし。
おもてなしで武将カード(名刺)を皆様にいただいたあと演武が始まる前に、御三階櫓の写真撮り。

こちらは鐘楼

P7283456

大晦日に年越しの鐘つきが行われます。

東門

P7283458

忍城おもてなし甲冑隊の演武はここで行われます。
真夏なのに演武が14時半から行われるのは木の陰ができるからだそうです。
演武をするところは半分日向ですけどお客さんは完全に日陰。
やっぱり日陰で見ると楽ちんでした。

 

御三階櫓

P7283459

博物館の敷地内から撮った御三階櫓。
木が邪魔~。
ということで木が邪魔にならないポイントを探したけど、どこから見ても木が邪魔で櫓が撮れない。
おっかしいなぁ~。
12月に来たときはもうちょっと見えたと思ったけど。。。。
あ、
冬だから木の葉っぱが少なかったんだ!!

そんなわけで東門から外に出て撮りました。

P7283464

東門と橋も一緒に入れて撮ってみました。

P7283468

角度を変えて。
この櫓には行田市郷土博物館から入ることができます。
入場料200円。

ちなみにこのお城、小田原の役のとき北条方についたため石田三成を総大将にした豊臣軍に水攻めにされましたが落城しなかったというお城。

フライ&ゼリーフライ

夜、埼玉スーパーアリーナでライブがあったので、昼間に足を延ばして忍城へ。
ライブは夜6時からですが、13時半からの忍城おもてなし甲冑隊のおもてなしに間に合わせるため朝7時半名古屋発の新幹線で関東へ。
東京駅から山手線、高崎線、秩父鉄道を乗り継いで12時半前にやっと行田市駅に着きました。

そこで行田名物フライ&ゼリーフライをお昼ご飯にいただこうと事前にお店を調べ、地図も持って行ったのですが熊谷駅のロッカーに荷物と一緒に入れてしまっていたのでした。
あー・・・・
行田市駅に観光パンフレットないかな~?と思いましたが、ない!
お店の場所わかんない~。
記憶をたよりに適当に歩いてみる。
見つからない。。。。 どうしよ・・・
そうだ! 「商工センター ぶらっとぎょうだ」に行けばパンフレットがあるに違いない!

忍城おもてなし甲冑隊のブログに紹介されていた観光情報館「ぶらっと行田」を思い出しました。
毎日、忍城さんのブログをチェックしていてよかった~

ぶらっと行田に行ったらだんべさんが車から降りてきた。
何かを届けにきたらしい。

しかし、ぶらっとぎょうだ、どこから入るのかわかんない。
だんべさんの後をついて行って入りましたよ。
中に入ると、

涼しい~!!!!

そして観光パンフレット発見!
スタッフさんが「どこ行くの?」と聞いてくれたのでゼリーフライとフライを食べに行きたい。と伝えたらお薦めのお店を教えてくれました。
初めは忍城近くの「かねつき堂」さんを薦めてくれたのですが、そこはすでに行ったことがあるので別のお店がいいと言ったら、ぶらっとぎょうだ近くの小さな喫茶店「コーヒー苑」を紹介していただきました。

20120728125325

まずは、ゼリーフライ。

おからと野菜で作った衣のないコロッケみたなものです。
茶色いのはソースにくぐらせてあるから。

ゼリーフライって結構2個1セットになっていることが多いので注文するときには要注意。
こんなに食べられない~ということになります。

 

 

20120728125614

こちらはフライ
触感はモチモチ。
お好み焼きの生地みたいな感じ。
このお店のフライはお肉入りのソース味。
お店によってはソース味と醤油味が選べたりすることもあるそうです。
これとアイスコーヒーのセットで500円。

もちもちなので結構お腹がふくれます。
まあ、私はこれだけでは足りませんのでフライとゼリーフライ1個でちょうどいい(笑)

ちなみに「ミックスフライ」というものがあり、てっきりお肉やお野菜が入っているフライだと思ったのですが、フライと焼きそばのセットを「ミックスフライ」というみたいです。
難しい!

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

太郎

  • 071231-2
    写真をクリックすると大きい写真とコメントが表示されます。   

テニプリフェスタ2009

  • 1:会場入口
    2009年9月6日 有明で行われたテニプリフェスタ2009 オープンスペースの写真

奥州主従を訪ねる旅

  • 大崎八幡宮
    2009年9月17日、18日 奥州主従の足跡を巡るべく、白石、仙台、松島を訪れました。 どこに行くにもひたすら坂道と階段。 仙台まるごとパス大活躍! 2日間で万歩計が58000歩を記録するハードな旅となりました。

熊本旅行

  • 熊本城
    2011年8月5日、6日  名古屋の肥後守様お国入りをおっかけて、ついでに観光も。